妊娠線って何?妊娠線の原因と妊娠線対策を解説!

妊娠線の原因と
妊娠線対策を解説



■妊娠線とその原因は?

 急激にお腹が大きくなると、皮膚がその伸びに付いていけず、みみず割れのような肉割線ができる。この線を妊娠線という。医学用語では、[妊娠性掻痒]といい、8割以上の妊婦さんに妊娠線ができてる。

■妊娠線のできる時期

 もちろん個人差はあるが、早い女性で妊娠4〜5ヶ月頃。一般的には7ヶ月を過ぎたあたりからできることが多い。

■妊娠線に伴うかゆみ

 妊娠線は見栄えも悪いが、それに伴うかゆみは、妊婦の方・出産された方の共通した悩みである。かゆみがヒドイ時は、できるだけかかずに、かかりつけの医者に診てもらうのがベスト。

■妊娠線対策

 妊娠線は出産後、徐々に薄くなっていくが、残ってしまうこともしばしば。ずっと残ってしまった女性は、レーザー治療やカーボメッドといった注射治療を行うこともあるが、一般的には妊娠線マッサージが多い。当サイトでは、1番効果の高い「スキンメンテナンスジェル」ををオススメしている。



★30日で妊娠線消すジェル
特別価格終了間近!★

■妊娠線除スキン
メンテナンスジェル

↓↓↓↓↓
妊娠線30日でキエタ!
雛形あきこ絶賛☆



お問い合わせ

Copyright(C) 2007
口コミ美容コスメ通販
&ダイエット比較
ビューティフルライフ